ピロンっ!


不二さんから、LINEがきました。



早速、マラソンの予定日かなぁ?と、LINEを開けます。






不二『こんばんは。あれから、家に帰り、今後のことを考えていました。』




おおー!前向きに考えてくれてたんかな?




『めりのさんと、僕は似ているところが多くて、心地良い時間でした。』




ふんふん。
めりのが、思っていることと一緒やね。




『性格が真面目で、僕たちは、タイプが似ているので、だからこそ、心地よかったのかもしれません。』




そやね。めりのもだお!





『でも、僕は、もっと変わった人がタイプです。』



ん?




『なので、違うタイプの人と出会いたいと思い、楽しい時間でしたが、僕の都合で申し訳ありません。』





えーーーーーん。



そうなの?



『めりのさんを大切にしてくれる人が、見つかることを願っています』


と、いうことで、まさかのお断りLINEでした。




ファーストミーティングでは、とりあえず、良い印象を持ってほしいなと、思い、相手に合わせた話し方、話題をするように心がけていました。


もちろん、めりのと不二さんの性格が、似ているのも、あったと思いますが、




自分自身を出せていないこと




が、見透かされていたのかもしれません。



ファーストミーティングから、自然な自分を見せることは、なかなか難しいのですが、めりの自身と向き合うためにも、必要だったのかもしれません。



現に、


久男

や、



服部


あたりは、自分らしさを少しでも出せたので、セカンドミーティングへ進んでいたかなと、思い返しました。




めりの自身が素を見せることができること、また、そういう雰囲気を作ることができるくらいの、相性があってこそ、次のステップに進めるのかなと、貴重な経験になりました。





応援していただけると励みになります
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング