盛り上がってきたところで、趣味の話になりました。


不二「僕はマラソンとか、好きで、いつか、ハワイの、マラソンに行ってみたいんです」

めりの「いいですねー。まだまだ体力ないですが、いつか、してみたいなーと、思ってたんです」

めりの、旅行好きやからね!


不二「そうなんですね。日本でも、島をマラソンするイベントとかありますよ」

めりの「いいですねー」

不二「初めてでしたら、ハーフマラソンもありますし、一緒に走るのも楽しいと思います」

めりの「楽しそうですね!」

不二「なんか、一緒に走ってみたいですね。また、イベントあると思うので予定調整できますか?」

と、具体的に、話が進み、セカンドミーティングのお誘いもありました。




この頃になると、婚活戦士を通り越し、もはや、婚活仙人になっていたので、セカンドミーティングに誘われる率が少し上がってきた気がします。



・笑顔
・同調
・リアクション




この3つが、大切よね。




いつもは、半々くらいの話す量、もしくは、めりのが話を引き出すことが多いのですが、不二さんの時は、めりののこと、本当に考えてくれているなと、思うくらい、話を展開してくださり、今後の具体的なお誘いがあり、嬉しい気持ちでした。




さて、宴もたけなわですが、そろそろお開きの時間に、、、。


カフェでも、結構話したので二時間くらいいたかな?


あっという間の時間でした。


不二「いや、ここは、払わせてください」

と、言ってくれましたが、夕飯をご馳走してもらっているので、引かずに、お支払いさせてもらいました。



不二「本当にありがとうございます。」


と、さわやか☆



不二「結構遅くになってしまいましたね。駅まで送ります。」


と、紳士☆




本当に、気が合い、改札までの時間しかないのが、寂しい気持ちもしました。




不二「では、また!連絡しますね。気をつけてくださいね」


めりの「ありがとうございました。」



と、見送られて、電車に乗りました。





ガタンゴトンガタンゴトン、、、、



電車の中で不二さんのことを、考えます。



・お互いの性格や思考が、似ていて、話やすい 
・具体的に、将来の話ができ、結婚後の生活まで考えることができたのは、婚活スタートして以来初めて。
・誠実な気持ちが伝わってくる



ただ、


子持ちのバツイチのため、
今後の生活の中に元妻、子供の存在は考えないといけないですよね。


子供も、2人なので、いくら、給料が良いといえども、養育費の問題もあるよね。
(だいたい、1ヶ月に10万円くらい?)




それでも、




また、会いたいな




という、めりのの気持ちが芽生えていました。






めりの『今日はありがとうございました。楽しい時間であっという間でした。マラソンの話も、すごく興味があります。また、教えてくださいね』


と、ありありのアリ!


のLINEを送りました。





不二『こちらこそありがとうございました。久しぶりに楽しく過ごせました。また、ご連絡しますね』



と、返事がきました。





そして、翌日の夜に再度連絡が来るのです。




応援していただけると励みになります
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング