しょんぼりめりのたん。



まー。しゃーないよな。

バツイチやもん。


選ぶ相手間違えたと言えど、

真っ当な道を歩いてきたと言えど、




バツイチなんだもん。





ほんまにさー、理由も聞いてくれたりするけど、



結局、

本人にも問題あるんちゃうん?

って、思われるねんな。



そういう人を選んでしまうこと、

はたまた、不倫される原因はめりののせいちゃうの?

などなど。



何回も言うけど、


相手が仕事しやすいように、家事をこなすこと。

ストレスが溜まらないように、自由な時間を過ごしてもらうこと。

やりたいことがあれば、協力すること。
(遠方の研修に行きたいと言い出し、会社の金使って、不倫旅行してたわ)





あかんことなんか?


間違ったことなんか?


相手を信じてるからこその行動やったし、できることはさせてもらってたよ。




頭ごなしに、不倫された側の否定を言う人もあるかもしれへんけど、




不倫する方が悪いからね。



法律違反やからね。


立派な犯罪やからね。


めりのも、自分のこと振り返れてなかったことは、反省してます。



あ。さて、本編に戻ります。



そんなこんなで、他の人とのやらとりもあり、鈴原さんとの、メッセージも、忘れかけ、
メッセージ欄の下の方へ追いやられていました。










鈴原『よかったら、一度会ってみませんか?』




突如、現れた久々の鈴原の文字。







メッセージ無視しといて、いきなりなんやねん!


この空白の期間は無かったことになってるんか?


バツイチ嫌なんちゃうんかい!


など、突っ込むところが沢山ありましたが、





ある程度普通に会話できる逸材のため、いい人やったらもったいない、、、
という、期待


コロッと掌返してくる奴は、一体どんな奴なんやろう、、、
という、興味本位


もあり、


週末の、仕事終わりに会う約束をしました。




会う日までのやりとりの、メッセージは、無視されることなく、続きました。


応援していただけると励みになります
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング